原宿 Acryl BONES
Harajuku Acryl BONES

赤いワンピースと鹿のある店内

原宿Acryl BONES

東京都渋谷区神宮前1-15-1 VIA原宿003

1-15-1 Jinguumae, Shibuya-ku, Tokyo
VIA Harajuku 003

Everyday 14:00〜20:00 Open
※下にスクロールするとMAPが表示されます。

Acryl BONESの看板
 
NIGATSUの服
 
Coco&Amiの帽子
 
黒い壁とSANATORIUM
 

Acryl BONES(アクリルボーンズ)は2011年3月〜2012年2月の1年間、原宿にて期間限定オープンされた個性派&原宿ファッションのセレクトショップ。
新しい価値観、新しい世界観』コンセプトに掲げ、国内外を問わず新進気鋭のクリエータブランドを中心に幅広いジャンルのファッションを提供。

限定期間終了後、2012年2月より新宿マルイワンにて「9.Acrylcloset」として再オープン。
9.Acrylclosetの活動はファッションを軸にファッションショーやインスタレーション的なイベントの開催、ouef、Acryl BONESなどのポップアップストアの開催、アーティストとのコラボレーションその他朗読会など幅広い活動を行う。
 
またオリジナルブランドAcrylagittを中心にACRYLCANDY、amnesiA&paramnesiAなどのブランドも展開しており、各ブランドを軸としアーバンギャルド、石川智晶、石野竜三、摩天楼オペラ、夢見るアドレセンス、Gackt(敬称略五十音順)など様々なアーティストに衣装を提供。

2013年のマルイワン統合により新宿マルイアネックス6Fに移転。
その他2016年2月から渋谷パルコ一時閉館までの期間ポップアップストアを展開。
その後およそ7年間新宿マルイアネックスにて営業を続ける。

2019年2月23日に【Acryl BONES】が再び原宿に戻り復活を果たす。
復活後は「ファッション=自己表現」をテーマに掲げたAcryl magazineや、都内近郊にて行われる様々なイベントに潜入し、そのレポートをInstagramなどにアップするなど精力的な活動を行っている。


Acryl BONES is a specialty and Harajuku fashion boutique that opened for a limited time in Harajuku from March 2011 to February 2012. Based on the concept of “new values ​​and new world view”, we offer a wide range of fashions, centered on emerging creators, both in Japan and overseas. After the limited time, it reopened as “9.Acrylcloset” at Shinjuku Marui One from February 2012. 9.Acrylcloset's activities include a wide range of activities, such as holding fashion shows and installation events centering on fashion, holding pop-up stores such as ouef and Acryl BONES, collaborating with artists, and reading aloud.  In addition, Acrylagitt, which is an original brand, and other brands such as ACRYLCANDY, amnesiA & paramnesiA, etc., are also developed. Urban brands, Chiaki Ishikawa, Ryuzo Ishino, skyscraper opera, dreaming address, Gackt (titled approximately alphabetically) ) And provide costumes for various artists. Relocated to Shinjuku Marui Annex 6F due to the integration of Marui One in 2013. In addition, a pop-up store will be operated from February 2016 to the temporary closure of Shibuya PARCO. After that, he continued business at Shinjuku Marui Annex for about 7 years. [Acryl BONES] returns to Harajuku again on February 23, 2019, and revives. After his resurrection, he has sneaked into Acryl magazine on the theme of "fashion = self-expression" and various events held near Tokyo, and has posted energetic activities such as posting reports on Instagram.        







原宿Acryl BONES

東京都渋谷区神宮前1-15-1 VIA原宿003

1-15-1 Jinguumae, Shibuya-ku, Tokyo
VIA Harajuku 003

Everyday 14:00〜20:00 Open

HOME | SHOP

Acryl BONES/通販サイト

店頭やtwitter等のSNSで見た商品がサイト内に掲載が無い場合はお気軽にメールにてお問い合わせ下さい。
サイト内に掲載が無くとも、店頭に在庫があれば通販対応可能です。
http://souk-gosouth.shop-pro.jp/

9.Acrylcloset Please feel free to contact us via e-mail if there are no items on the site that you saw on SNS such as storefront or twitter. Shinjuku Marui Annex 6F 9.Acrylcloset Even if there is stock in the shop front, mail order correspondence is possible even if there is no postings on the site.
http://souk-gosouth.shop-pro.jp/

 

壁に掛けたartTシャツ